廃材をいただき、それをウッドデッキに

廃棄処分にする廃材があるとのこと、てつとさんから連絡があり、

ウッドデッキ用にいただきました。

松江北消防署の一角にあるこの廃材から使えそうなものを選ばせていただきました。

運搬は、地元の方(なまさん)にトラックをだしていただき、

かたゑ庵まで移送。

ウッドデッキを作る場所は、かたゑ庵の前のスペース。

以前から、ここにあればと思ってました。

木材を購入する費用は、かなりかかるので、諦めていましたが、

思わぬ朗報となりました。

まずは、草刈り、そして地面に雑草除けのシートをはる。

廃材は6メートル近くある角材があり、これを生かした

骨組みとなりました。

木材を保護するため、専用塗料で1本1本、刷毛で塗ります。

梅雨が続く中、土日が晴れていましたので、その間隙を生かす。

こういった作業は何も考えず、黙々と一気にするのがポイント。

私の場合。

次に、足場板を地元の大工さん(小川さん)に借りた電動鋸で、

サイズを測りながら切断し、とりあえず並べてみます。

そしてデッキ部分の足場板も塗装。

とりあえずここまで出来上がりましたが、

まだ、80パーセントの完成です。

全体的に更なる補強と、

この奥のスペースが未完成部分。

また時間を作って、

一気に仕上げたいと思っています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です