美保関町かたゑ庵ブログ

本日、テレビ取材の電話とコロナ、チャンスとリスク

某テレビ局から、本日かたゑ庵を取材したいとの電話がありました。

ホームページの「かたゑ庵のコロナに負けるもんかプラン」をご覧になってのことです。

かたゑ庵の宿泊キャパは、30人程度あるのですが、

3密を防ぐため、

それを本館と別館を2家族限定で、4月1日から予約を開始しています。

詳しくはこちら

すでにコロナの影響で予約のキャンセルある中、

このようなプランでコロナに対抗しようと考えました。

このプランを考えたきっかけは、地元の方より、

都会にいる親族を泊めてもらえるか、相談にこられたことです。

一か月前くらいです。

田舎疎開を考えておられたと思います。

そのうけ皿として、お受けするのはどうすればいいかとこのプランを考えました。

しかし、このお話はその後なくなりました。

きっと、移動時の感染リスクなどを考えての事だと思います。

このプランについて今後どうしようか悩んでいるさなか

今回のテレビ局からの電話です。

カメラ収録は、

かたゑ庵の宿泊施設から周辺のロケーション。

カメラマンは晴れた日に来て、近くのビーチや漁港などの海辺を映し、

宿泊者は「そこでリラックスすることができる」

暗いニュースが多い中、明るいニュース、

といったイメージだったと思います。

おそらく放送されれば、予約の可能性は、今よりは格段に高くなると思います。

これは願ってもないチャンス、

電話をいただいたことに最初は喜んでいましたが

一方で、リスクはないのか。ふと考えはじめました。

その思いも伝えながら、電話でしばらくお話をしました。

私がホームページのみで”のんびりと”プル型で告知しているのと、

テレビというマスコミの大きなプッシュ型情報では、だんぜん訴求力が違います。

一方、テレビの限られた時間スペースでの報道が、

特に今、正確に伝わるだろうかと、

視聴者の様々な考え方がある中で、誤解を生むことはないだろうか。

私が心配する予期せぬリスクが頭をもたげ、

結局、”チャンス”よりも、”リスク”が高いと判断し、

お断りをしました。

テレビ局の方には申し訳ありませんでした。

 

さて、大山の今です。

昨日、松江から美保関に向かう途中にある本庄の道の駅から撮りました。

晴天、最近寒気が入り新雪の白が鮮やかに迫り、今年一番の美しさ。

ああ、いいな。

 

Follow me!

コメントを残す