ゲストとピアノとギターでジャズのセッション。

出雲大社が目的地。

かたゑ庵へご宿泊。

飲めないけど、バーに入っていいですかとゲスト。

ジュースありますのでどうぞ。

そして、ここにある楽器よかったら、使ってください。

そうするとピアノに座り、ジャズの心地いいメロディが流れてきました。

この部屋が一瞬にジャズバーに。

そこで、このチャンスを生かそうと、

ギターで私とのセッションをお願いしてみました。

私は、今までこんなジャズセッションはやったことはなかったので、まったく自信はなかったのですが、

スキルを磨くチャンスと思い提案。

そして、快く応じていただきました。

私は、とりあえずブルースコードのマイナーコードを使ってみました。

さて、

私のコード進行の突然の変更、リズムの不規則な流れ、そしていつ終わるのだろうかと思われたであろうフィニッシュ。

私のペースに合わせていただいて、巧みに鍵盤を操る姿には、感動。

まあ、動画をごらんください。私の演奏に翻弄されながらも、見事なピアノセッションのゲスト。

さて、このセッション。

私のこのギターの不規則な流れ、見事にピアノのジャズの調べへ持ってっていただきました。

私は決まった楽譜通りにギターで奏でることさえ得意ではありませんのに、

楽譜もなく、それを超え自由に奏でる今回の経験は、たまらなく楽しかった。

ジャズというものの本質を知らない私ですが、少なくとも

私にとっては、普通、常識、そんな定規から解放された、このピアノから流れる新鮮なジャズの時間でした。

ゲストの方

聞けば、障碍者施設にお勤めのこと。

なるほど。

ひとりひとり違う感性に寄り添い、

今回のセッションのように見事に調和させて、

仕事に生かされていると確信。

ありがとうございました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です