美保関町かたゑ庵ブログ

地域協力隊来たる。そしてオペレーションの見直し。

ここのところ、ブログにアップしたい記事はあるのですが、

ウッドデッキ完成後、やたらと気になるところが増え、ここもあそこも、あちらもと手を加えて、キーボードから離れていました。

今日は、松江市の地域協力隊が美保関観光協会の案内で、

かたゑ庵へ視察に来ていただきましたので、その話題をアップします。

東京からのiターンやUターンの地域協力隊が5名。

そして観光協会や市役所から3名きていただきました。

私からは、

私が15年前に、市内から移住して、ここのかたゑ庵近くに家を借り、10年間住んだこと。

地元の協力があってかたゑ庵があること。

かたゑ庵の最終目的が移住者を増やすこと。

など中心にお話をして、

そして団員、それぞれからお話を聞きながら、

皆さんの持っている引き出しに、一人ひとり注目させていただきました。

それぞれ目的や役割は違いましたが、

使命感に燃える、熱いパッションを感じました。

午前中からフリートーク形式ではじまり、

昼食には、かたゑ庵のラーメンを全員注文していただきました。

そしてアクシデント。

アクリルのカウンター越しで話しながらに気を足られ、

ちゃんぽんラーメンと味噌ラーメンの出汁を間違える。

それをポロっと言ったら

返ってきた言葉が

「それでいいですよ」

それに私が、

「いやー職人としてそれはできません。これは捨て、新たに作りましょう」

と言うほどのキャリアも自尊心もなく、さっさと甘える場面も。

ポロっといった瞬間から、この結末を見越していたとしか思えない、アコギな自分を見せてしまった。のです。

ご完食後、「今度はそれでお願いします」との神対応。

お気遣いありがとうございました。

そして、途中から、いつものてつとさんが、新たな取り組み(遊歩道による片江の魅力化と可能性とでもいいましょうか)で来ていた県職員2名を連れ合流、ラーメンのオーダー3追加。

いつにない、忙しさ。

そして気が付けば、てつとさんは、皿洗いを。

ありがとうございます。

かたゑ庵は、こういった方々のおかげで、なんとか生き残っていると

協力隊の人たちは、目撃し、感じたことでしょう。

協力隊の皆さん、こんなわたくしですが、

またお待ちしています。

 

6/26追記

今回のアクシデント=失敗、をきっかけに

すべてのオペレーションの見直し。

バーベキュー・サバイバル海カフェ・宿泊等

予約の方法からキッチンの中での動線まで。

このような失敗を起こさないためにも。

今日からオペレーションの見直しはじめています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です