今朝の山陰中央新報、かたゑ庵の写真スタジオが記事に。

本日の山陰中央新報に、かたゑ庵がはじめた

フォトツーリズムが記事になりました。

ポイントは、コロナ禍の新たな挑戦です。

そして。どこにもない地元の好ロケーションを生かし、そこにスタジオも持ってくるという、

新たな取り組みです。

「かたゑ庵のビーチ」「かたゑ庵の古民家」「かたゑ庵の写真スタジオ」

この3つのシーンを生かしたかたゑ庵ならではのフォトツーリズムです。

2年前にインバウンド用として撮影設備から用意し、それからスタジオライティング撮影を独学で行って準備してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど今日も、かたゑ庵スタジオでの撮影しましたので、お客様のご了解を得てその写真の一部をご紹介します。

今回は、一枚一枚お客様とゆっくり確認しながらのペースでしたが、データー量は
100枚以上、多い時には、200枚近くなります。

お撮りしたデーターはすべて、ネット経由でお届けします。

スタジオは、できるだけ、お客様のテーマに合うような雰囲気を演出します。

黒ホリでの撮影は全体的に締まりますので必ず入れます。

ビーチの撮影。晴れるとぜひこれも入れるといいです。
今日は晴れてとてもコンデションよかったです。
今回新聞掲載された日という事で、このビーチ撮影オプションは特別にサービス撮影させていただきました。

今回は、古民家での撮影はありませんでしたが、天気の悪い日や雨の日には、
薄日の中での障子を通した自然光での古民家もまたおすすめです。

今回ご利用のお客様は、松江市でワインバー「宍道湖ワイン」を経営しているマスターで、

ワインのソムリエの資格も取っておられます。

今まで、海酒DOBONへの参加や海から上がったワインのテイスティングなどお世話になっている方です。

今回の撮影のご予約日と新聞記事と重なったのも何かのご縁だと思います。

また本日は、様々な方々からお問い合わせや新聞記事に対する好意的なメールやエールを送っていただきました。

ありがとうございます。

かたゑ庵のフォトツーリズムの詳細はこちらへ

※今日の山陰中央新報の記事の中で、スタジオ使用料9800円となっていましたが、
スタジオ撮影料9800円です。スタジオの貸し出しのみは、行っていません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です