ハギレの手作りの遺品に託されたかたゑ庵への思い

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

今年の1月、彼女は米子空港から日本海側を通って松江に向かった。

惣津の目の前に広がる日本海とエメラルドグリーンの湾。そして片江の集落にヨーロッパのある風景と重ねた。

そしてかえゑ庵。

体の体調を考え外に出るのは数分。

「かならず来ます。またここへ」

何が何でも、そんな熱い思いを感じた。

昨年の11月彼女は医師からステージ4、余命告知を受けた。

手術を受ける直前、松江に来たいと私の妹に連絡が入った。

そして予定にはなかったのだが、私は二人を乗せた車で少し寄り道をしたのだ。

東京に帰った彼女から段ボール4個、実家に届いた。

その中には、手作りのハギレの人形がぎっしり入っていた。

それは彼女の母親が生前コツコツ作ってきた遺品とのこと。

それをかたゑ庵に寄贈してくださったのだ。

かたゑ庵が地域の方々と一体となり、外国人を受け入れる計画に共感していただいたのだ。

50才で双子の男子を授かり、今5年生の子どもたち。

今は死ぬわけにはいかないと、何が何でもこの子たちのために

もうしばらく生き、生かさせてくださいという、彼女の医者への叫び。

そして今の目標は、双子の子どもを連れてこの片江に来ること。

先日この話を、かたゑ庵に集まっていただいた片江の方々にお話をしました。

そして、一人ひとりその手作りの人形を手にもって掲げ、「どうか元気になって片江に来てほしい」そのメッセージを込めた集合写真が4月28日のブログです。

そして今回は、かたゑ庵応援団のmiwakoさんmanaさんとプロのカメラマン赤山シュウさんもこの思いに共感していただきました。この写真を見ていただきながら、今必死に病気と闘っている彼女に思いをはせていただけたらと思います。

 

 

faavoクラファンページへ

かたゑ庵にカヤック仲間集合!!

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

今日は、てつとさんのカヤック(約3か月かかって製作した)の進水式です。

岡山・米子。出雲・松江各方面からカヤック仲間がやってきました。

かたゑ庵の前にはカートップのカヤックが並び、先日作った竹ドーム・松の枝がアクセントでいい感じです。

まずはかたゑ庵でしばらく雑談をしました。

その中の一人がカヤックのインストラクターの森山 尚(もりやま ひさし)さん、その方によるとこの場所はカヤックするには最適なっ場所だといっていただきました。

またこれからかたゑ庵をカヤック仲間の宿泊場所として使いたいとのこと。

まだオープンは先なのですが、これからがとても楽しみになりました。

まずは、シャンパン

紙テープによる演出

 さあいくぞ。べた凪の片江湾でした。

 

faavoクラファンページへ

かたゑ庵の竹ドーム(スタードーム)ワークショップパート2

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

4月29日に行いました。

竹ドームの報告です。

2月ノルウエーの方がかたゑ庵に来た時には、真竹で竹ドームを作りました。

推奨される太さの真竹がなく、少しサイズが細いので作りましたが、やはり

強度がかなり落ちることがわかりまりました。

そこで、今度は、孟宗竹を3月に切り出しました。

それを竹割機で6等分して、それをさらに海に沈めて1週間漬けておきました(こうすると虫がつかないと近所の方に教えていただきました。

それを今回組み立てるワークショップとしました。

参加者は、ベトナムの二人とノルウエーの1人、そして地元の有志の方です。

これは翌日の写真です。

隣の漁村七類のフィリピンから嫁がれた方も来てくれました。

ベトナム・ノルウエー・フィリピン・日本

 

かたゑ庵の天井の解体工事と草取りボランティア

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

いよいよ今日から、かたゑ庵の改修工事のための下準備を行いました。

まずは、一階の宿泊室の天井を落としました。

手伝っていただきましたのは、地元の宮崎さんとベトナムのクワンさん。

連休中には5~7部屋の天井を落とす予定です。

またノルウエーのインゲルさんとベトナムのフォンさんは、かたゑ庵の草取りを行っていただきました。

そして、岡山から片江大好きの佐古さんが明日のてつとさんのカヤックの進水式に合わせて来れました。

佐古(写真右)もかたゑ庵の草刈りを買ってでていただきました。

faavoクラファンページへ

かたゑ庵のNHKの取材と収録がありました。

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

今日は、かたゑ庵の民食家庭の研修会を行いました。

一つは食事について、ワークショップで行うベジ寿司と家庭での民食

二つ目は、竹ドームのワークショップです。

民食家庭が様々な外国人を受けいれていくためのスキルを磨いていただくためのものです。

今回は、ベトナムの方2名とノルウエー人1名が参加してくれこの研修会に協力してくれました。

この研修会の模様をNHKが朝ベトナムの二人がローカルバスでやってくるところから、ベジスシを作ってるところ、ワークショップの模様、一般家庭での民食、そして全体のパーティーまでまる一日撮影していただきました。

今後引き続き、かたゑ庵での改築シーンやオープンの時などを収録し、6月ころ放送される予定だという事です。

UGもカメラの前で、研修の目的や今後の抱負などお話をさせていただきました。

放送日が決まりましたらまたお知らせをします。

 

faavoクラファンページへ

かたゑ庵の魅力を撮影にカメラマンの赤山シュウさんが来ていただきました

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

本日かたゑ庵の魅力を撮影にカメラマンの赤山シュウさんが来ていただきました。

モデルはかたゑ庵応援隊の、miwakoさんとmanaさんです。

とりあえず、赤山さんの撮影風景をアップしましたが、近々赤山さん撮影のすばらしい写真をここにのせます。

お楽しみに!!

 

faavoクラファンページへ

かたゑ庵を応援団してくださいます片江の皆さん

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

本日はてつとさんが「かたろう会」を開き、かたゑ庵に集まりました。
片江の将来について熱く語り合いました。
最後に、かたゑ庵のクラウドファンディングが成功するようにと、応援の写真です。
そして、皆が手に持っているのは、このかたゑ庵プロジェクトに届けられた手作りのあるものです。
この写真に込められたメッセージは、かたゑ庵の成功だけでなく、もう一つの成功を願ってのものです。
そのお話は後日させていただきます。

faavoクラファンページへ↓

 

初日に目標額の16パーセントを達成しました!!

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 美保関町かたゑ庵ブログ

昨日お知らせしましたが、思わぬアクシデントがあり、支援者の方や

支援者からの情報を受け取った方には、混乱を招きましたこと。

改めてお詫びします。

このアクシデントがある中で、初日に目標額の16パーセントを達成しました。

そして支援者の方の熱いメッセージにこのプロジェクトを必ず成功させなければならないと、

新たな気持ちが湧き上がってきます。

頑張ります!!

今日は、片江の公民館前で地元の方が持ち寄った魚介類や干物などの朝市があります。

そこで、婦人部の方から頼まれました鼻笛を奏でる予定です。

9時頃からです。

かたゑ庵プロジェクトのPRにもなりますので、喜んで行かせていただきます。

またそのときのリポートアップします。

faavoクラファンページへ↓