大山スキー場へ行くなら、お泊りは、海の宿のかたゑ庵へ。なぜ?

本日、12月21日大山スキー場がオープン。

只今、島根県・鳥取県・山口県・広島県在住の方にwe love山陰キャンペーンが

適用され、ご宿泊の方には半額(上限5000円)適用されます。

大山スキー場まで、かたゑ庵からは、車で約1時間10分のところです。

ゲレンデ近くのお宿もいいですが、

日本海の幸を近くの境港で、ご自分のお好みの食材を調達し、

かたゑ庵へ持ち込みで夕食&宿泊。のご提案。

お持ち込み用の場合の土鍋2や卓上コンロ2・食器等・あり。

冬の生ビールは格別。(生ビール10L樽~要予約。)

食材、持ち込み面倒な方はかたゑ庵でご用意のBBQおすすめ、
BBQ内容は、牛肉・豚肉・鶏肉・タン・ホルモン・野菜・サザエ(地元の漁師から調達)ご用意も可能。
(お一人3000円、要予約)

ピロティのオープンスペースの薪ストーブ。


なんといってもピロティは屋根のある屋外。換気十分でコロナ対策でもおすすめ。
ストーブの窓から燃える炎を見ながらの語らいは、癒し。
そして屋外なのに、何といっても薪ストーブは、温かい。

BBQも鍋料理も楽しい!!

便利なスキーやボードのワックスメンテコーナー

ちょっとした、メンテナンスの場所と専用用具使えます。
※ワックス等の消耗品はご持参ください。

これは私のスキー。26年前に購入。今も現役、使っています。

近年、リフトに乗った時に、隣りの方が、

それ競技用ですかと聞かれたことがありました。今はカービングですからね。

私の今までやってきた屋外スポーツの中では、スキーが一番好きなスポーツ。

当時のヒット映画、「私をスキーに連れてって」そこには、スキーの様々なテクニックが使われていて、それをコピーし、更なるテクニックを磨いた時代。
今でも、クロスオーバー・バタフライ・チャールストン・小人ウエーデルンは、できます。
と思う・・・。

チップロールも今でもできるか、また挑戦してみたいと思います。

独身時代は、冬はスキーに明け暮れ、年末年始は、毎年、長野県の野沢で年越しをする、

当時地元の山陰中央新報社には、旅行部門があって、そこに舟木さんという方がいました。

スキー好きが講じ、野沢スキーツアーを企画。そこに毎年利用させていただきました。

12月29日仕事納めの夜、チャーターされたバスに乗って、長野を目指し、早朝着、すぐにゲレンデへ。

野沢の糀屋さんという宿屋に泊まり、

30日,31、元旦,2日,3日,5日間滑って、4日の早朝松江に着いて、

そこからみんな仕事始めに行く。そんなハードなツアーでした。

さて、なにか問い合わせしたくなったらこちらからどうぞ。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です