美保関町かたゑ庵ブログ

片江に5人家族の移住者が入ってきました。県内iターンのおすすめ。

今年の4月に19才の若者が漁師に憧れ、兵庫県から片江に移住してきましたが、

今度は、松江市内から片江に5人家族の皆さんが先月移住してきました。

なんと、今年の片江の人口がこれで6人も増えました。

今回ご夫婦と小学生1人、未就学2人です。

ありがとうございます。

その、子どもたちは、すでに近所の同世代の子たちと

片江の路地を自転車で走り回ったり、

海辺で砂遊びや釣りを楽しみ。

地域に

子どもたちの声が響き渡り、

やっぱり子どもたちの声が聞こえると

いいですね。

お年寄りもそういいます。

今回は、松江市内中心部に住んでおられた方ですが、

お話を聞きながら

子どもたちに自然豊かな環境をと、

ここに移住を考えられたと思います。

そうなんです。

都会からのiターンだけでなく

松江市内中心部に住んでいる方こそ、

周辺の田舎に住む、

”県内iターン”と言うべきスタイルはいかがでしょうか。

片江から松江市内中心部まで約20分~。

通勤圏内です。

片江は10年前約700人の人口。

今は500人台。

行く先は限界集落になる可能性があります。

ここの喫緊の課題は移住者を増やすことです。

それがわかっていても一方で大きな課題があります。

それは、

昨年も片江に移住したいと他県からの5人家族があり、

かたゑ庵に宿泊していただき、

この片江を気に入っていただきましたが、

その時には、お借りできる空き家がどこにもなくて、

結局お隣の島根町に今は住んでおられます。

でも、結果として松江市内の人口が増えたことはいいことです。

貸していただける家は、移住される方のタイミングである時とないときがあります。

空き家は30軒以上ありますが、貸し手と借り手を合理的に

つなげるなんらかの仕組みが必要といつも感じています。

さて、

今日は、松江市の宿泊キャンペーンなので、このホームページにアクセスされる方が

増えています。

そのアクセスの属性として、松江市内の方が多いと思いますので、

ぜひこの機会に片江への移住を考えていただき、

一度かたゑ庵で宿泊して、

片江の豊かな自然と住民との交流を通じて

直に個々の良さを感じていただければと

思います。

以前書きました「片江に移住しませんか」も参考にしてください。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す