美保関町かたゑ庵ブログ

かたゑ庵の今後の予定、オープンはいつか、ヘルパー募集なども

今日もご支援がありました。

これで65パーセントになりました。

少しづつですが近づいていることは間違いありません。

期限が近付いている中でのご支援は、より励みになります。

ありがとうございます。

現在のアクセス数は、faavo管理画面より4,084PVになりました。

またUUは

2,340PVです。

これは、何を意味するかというと

アクセス数は、同じ人が何度もアクセスすればその数が上がっていきます。

しかし、UUは、同じアクセス者が何度もアクセスしてもカウントは増えません。

ですから、UUがとても重要になっています。

かたゑ庵プロジェクトがスタートして

それに興味をいただいて、

新たにこのページへ来ていただいた方が2340ともいえます。

しかも、このページへは、SNSと違って、ここに来てみたいとアクションを起こしていただかないと来ていただけません。

これをプル型といいます。

その中で現在までのUUが2340は、とてもありがたいと思っています。

そのきっかけを作っていただいたのが現在ご支援いただいている方々による様々な形でのご紹介に他なりません。

これは、その方々の実績と言っていいと思います。

SNSを全くやっていない私にとっては、間違いなくその皆さんのおかげです。

ありがとうございます。

さて、

今後、期限を迎えた25日以降のアクセスはおそらくほとんどなくなってくるとおもいます。

因みにこの2~3日は現在のアクセスは、山陰中央新報の記事が載った日と肩を並べるほどあります。

 なので、アクセス数が多いこのチャンスに、ここで今後のお知らせをします。

またクラファン後またの機会にそのグラフでの推移をご紹介せきればと思います。

それでは今後のかたゑ庵について

1、かたゑ庵の今後のお知らせは、

かたゑ庵ホームページ

で行います。

2、リポートは今後どうするのか。(もし見に来ていただけるなら)

すでに、faavoのページで更新してきましたリポートは

ほとんどかたゑ庵のホームページにアップ済です。

今後も話題をその都度アップしていきますので引き続きご覧ください。

3、かたゑ庵のオープンはいつ

今月中に天井が完成し、火災報知器・避難照明装置の設置等が完了する予定です。

そして、トイレ等の設置が完了すると、書類を作成し行政のチェックを受け、それでスムーズに許可がおりればオープンは可能になります。

しかし、まだまだ準備することはかなりありますので、今言えるのはプレオープンとして7月中旬(希望的)か下旬(現実的)ころから、限定的に行うことになると思います。

グランドオープンはまだ先になりますが近づきましたらホームページでご案内します。

すでに団体や個人での予約のご相談が来ています。

まだ認可も受けづ、宿泊料金も決まっていませんので、それが決まり次第改めて確認の上対応します。

なお、予約の優先順位は宿泊のリターンを選ばれた方になります。

4、宿泊予約について

まずは独自の宿泊アプリケーションを用意しています。

外国製の有料買いきりのアプリケーションで気にっています。とても使いやすく多少カスタマイズ可能で日本語化も終えましたので、これを使って試してみます。

大手のAirbnbやBooking.comなどは、状況を見ながら考えますが、”ある考え”のもとまずは自前でやってみます。

今後は検索が頼りですので「かたゑ庵」での検索で来てください。

5、今後全国からヘルパーを募集します。

下記は案ですので改めてホームページでお知らせします。

        (案)

ヘルパースタッフとして働ける方を下記条件で募集しています。
◇内容◇
業  務:清掃業務。ベットメイキング
外国人のゲストさんとコミュニケーションをとる機会があります。必須ではありませんが、英会話できる方が望ましいです。
待  遇:無料で寝床を提供。
休暇など都度相談にのります。
給  与:フリーアコモデーション形態です。(場合により、応相談)
労働時間:約4~5時間
採用人数:1~2名
その他:ゲストハウスのスタッフルームに住み込みで働いていただきます。

とりあえず、募集が始まったら知らせてほしい方は、

こちらからのお問い合わせフォームからお願いします。

6、今後のキーワードは「かたゑ庵」と「KATAEAN」です。

日本語での検索では、かたゑ庵で表示されますが、

英語のSEOを忘れていましたので、先ほどから手を加え始めました。

今後独自のホームページでの宿泊予約を考えていますので、英語・フランス語のページも作っていくことになります。

私の第一ターゲットが足立美術館に来る遠方のヨーロッパの方です。

その場合、きっとこんな日本語訳の英語やフランス語のメッセージになります。

足立美術館へ来たなら、かたゑ庵へ

ここには、人間の手を加えないダイナミックな、自然の日本海の庭園を見ることができる。

足立美術館の日本庭園を見たからこそ、自然の情景を庭に模した世界観がもっとわかるはずだ。

そして、一般家庭での食事にも、その日本独自の世界観は味をもって感じることができる。商用プロではない、家庭料理ならではの魅力。

更に、ヨーロッパにない竹のワークショップは見るだけの観光の退屈さから、きっとこの時間、解放してくれるだろう。

また夜の静寂と潮風は、ネオンと喧騒の中の観光地を歩いてきた旅人にとっては、その静かに流れる時間と頬を伝う風と波の音が、きっと自分を見つめる時間となるだろう。

せっかく遠路はるばるすぐそこまで来たのだ。

そこは、足立美術館から、たった1時間程度の移動で行けるとこ。

それがゲストハウスかたゑ庵。

こんな感じかな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です