美保関町かたゑ庵ブログ

ノンフィクション「だからあれだけ行ってはだめだと言っていたのに」残り6日

片江での実話です。

長男が小学校の5年生だったと思う。
風がとても強い日に、自宅から20分程度の、外海に面した岩場に子どたちだけ3人で行った。

そこは地元の人からは死角でそこへ行ってることさえわからない場所。
そして、そんな風が強い日は波が高くなって釣り人も足を踏み入れることはない。
子どもたちの話から。
そこで、大波が来て一人の少年が波をかぶったという。
しかし運よく波にさらわれることはなかった。
ヒヤッと、したらしい。
それはその日に聞いた。
うちの子だけでなくだれもが無事で、
何事もなくてよかったと思った。
大声で叱りたかった。
しかし、目の前に生きていることの安心感がそれを上回った。
そして、もう懲りただろうとも。
だからもう行くことはないと思っていた。

しかし、

翌日その岩場へその子どもたちは、またもや連れ添って行った。
当時、波は依然高いまま。

なぜまた行ったのか。

それは、
岩場に忘れ物をしたというのがその理由。

そして、岩場について忘れ物を取り上げ、帰る時だったという。

目的を果たし、きっと緊張感も薄れてたのだろう。

いつものルートすすんでいた時だった。

いきなり予想をこえる大波が子どもたちに襲ってきた。
今度は本当に一人の少年が波に飲まれた。
岩場から海へ引きずりこまれた。

それはほんの一瞬だったという。
その波の力は想像以上の力で、その子をいったん海の底の方まで連れていった。
その少年こそ、私の長男。

安心してほしい。

そこのところで切ってしまえば、この続きの関心度は高まるには違いないが

よけいな想像をさせてしまいたくない。
もちろん今でも元気でいるからこうして書ける。

その時どうして生還したか。

その続きこそ聞いてほしい。

さて、

ここからはクラファンでご支援いただいている方だけに感謝を込めて、

特別にお伝えします。
このクラファンの管理画面から、支援者のみにメッセージを送れる機能がありますのでそれを使います。
また、直接銀行振り込みいただいた方へはそれが使えませんのでメールで送ります。

この続きは、支援者のみ近日公開。
これからご支援いただく方も、もちろんお伝えします。

これはフィクションではありません。
この岩場てどんなドラマがあったのか。
今だからやっと冷静に(本当にそうです)伝えられるこの奇跡、その生還できた決定的なワケがある。
このノンフィクションのタイトルは、

「だからあれだけ行ってはだめだと言っていたのに」

そのまんまのベタですが。

ふう。
これでご支援増えるほど甘くはないとは思いますが
あの手この手で
やってみましょう。

自信ありませんが。

残り明日であと6日。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です