美保関町かたゑ庵ブログ

キッチンは、いちばん遠い旅の目的地

「キッチンは、いちばん遠い旅の目的地」

昨日、歯医者に行って待合室にいましたらこの本のキャッチコピーに目が行きました。

なぜでしょう。

とりあえずこの本の内容には触れませんが。

このキャッチコピーで浮かんだもの。

それは

かたゑ庵プロジェクトの「民食」。

私たちは普通の旅では、一般家庭のキッチンに出会うことはほとんどないと思います。

この本の表現でいえば、一般家庭のキッチンは、旅行者にとってまさに遠い存在と言えます。

遠い存在を言い換えれば

すぐに手に入らない魅力あるもの

 

で、

あり。

民食は、

旅人にとって

憧れのテーマなのでは、ないか。

それはきっと潜在需要として、ある。

と、このキャッチコピーが教えてくれたような気がします。

結局この本の中身を読む前に順番がきました。

まだ入れ歯は入れてません。

が。

ではまた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です