美保関町かたゑ庵ブログ

片江のせんだんカフェとマッカーサーの部下との深い関係

今日は、月に一度のせんだんカフェ。500円で昼食にデザートのケーキとコーヒーが付き、地元でとれた魚介類が格安で買えます。

かたゑ庵の前を歩いていたらセイイチさんが今日はせんだんカフェだよ、とおしえてくれました。

そこで早速、行ってまいりました。

いつもの民食チームや区長さん太さんやらいて、賑わっていました。

せんだんカフェについては、こちらのリンクに譲り、

https://www.mamenakai-shimane.or.jp/actions/14/157

さて、なぜここの片江にこうもパワーがあるか、ぜひお聞きいただきたい。

そのヒントがこのカフェの名前「せんだん」にあります。

この片江にはかつて、全国に名を馳せた片江船団がありました。

昭和30年代まで、島根の沖合漁業、遠洋漁業の先駆的役割を持ち、遠くは大陸に近い水域まで出漁していた、とのことです。

もっと詳しく知りたいと思っていたらちょうど夕方、ナマさんが来られたので聞きました。

片江小学校が火災になって全焼したことがあり、その再建はナマさんのおじいさんや太さんのおじいさんたちなどの片江船団の方々がお金を出して行った事。

そして驚いたのが、その片江小学校の設計をマッカーサーの部下が行った。とのお話。

このマッカーサーの部下の話は、ネットで検索してもでてこない。

これはスクープ記事となりましたね。

残念ながらその片江小学校は今年解体されその場所は更地になりましたが、その当時の気概や情熱は褪せてはいないと思います。

その証拠に、今日もせんだんカフェで料理を作り、機敏に動き回るピンクの熟女がまぶしい日でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です