美保関町かたゑ庵ブログ

かたゑ庵の屋根裏に不審者生活跡、アレを模倣か、いやそれはあり得ない

確かに、その音を聞いたような気がする。

かなり空き家になっていた時期が多いいことから、スキを狙われたのだろう。

今、天井裏落としをする中で、今までは確認できなかった場所に光が入った。

ここで不審者は、かなり裕福に生活していたことは確かだ。

そして栄養もそれなりに得られていたことは、証拠のブツでわかる。

鑑定にだすまでもない。

その証拠のブツは、おびただしい量で残っていた。

寒さをしのぐのも屋根裏のグラスウールを巧みに使った、ベッドルーム。

家主の承諾もなく、大胆な行動。

そして体一つ分開けられた穴を見つけた。

そしてその場所を念入りにふさいだ。

もうこれで、来ることはないだろうと思うが、

また穴を開けてはいる、またふさぐ、また穴をあける、またふさぐ、また・・・・。

これを繰り返せばイタチごっこになるじゃないか。

UG

今朝は、先日天井落としで、その指導と手伝っていただきました地元のなまさんがお忙しい中、また来ていただきました。廊下の天井は種類が違うので落とし方を習いました。

今日、いとこのカツトシ君も連続で参加。

3時過ぎには、地元のショウイチさんが来てくれました。このショウイチさんが電機工事の資格を持ってることがわかり、早速配線処理をお願いしました。

ほんとうに助かりました。

そのあとは、天井落としの残骸を袋詰めまで。お疲れ様でした。

私とカツトシ君で、なんとか今日中に廊下の天井落としを完了しました。

faavoクラファンページへ

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です