吉本芸人かまいたち山内氏のおとうさん、かたゑ庵応援に参戦。

今日は、松江市内の公民館へチラシを配りにまいりました。

 

その一つが、本庄公民館。

 

松江市内から美保関に行く途中にありますので、まずはここへ。

 

ここの山内公民館館長さんは、吉本芸人かまいたちのお父さん。

 

山内館長と私とのつながりは、長男が美保関小へ入学した時の校長先生です。

 

当時、校長室へかまいたちのポスターが貼ってあったことを思い出します。

 

また、美保関小学校には子どもを預ける、児童クラブがなく、保護者有志で実行委員会を作り、その時にご協力いただいたのが山内校長です。

 

7月に実行委員会を立ち上げ、翌年4月には児童クラブをスタートさせることができました。私たち共働きの家族にとっては必須の児童クラブでした。

 

本当にお世話になりました。

 

そんな昔話をしてたらあっという間に時間が過ぎました。

 

写真撮影、ネットへのアップ、かまいたちのお父さん紹介、すべて了解していただき、かたゑ庵応援に参戦していただきました。

 

それから最後に山内館長さんからのお知らせです。

 

ホーランエンヤにかまいたちと、はるな愛が松江に来て、NHKに出るとのこと、です。

かたゑ庵クラファンのチラシ配り

本日は朝からクラファンのチラシを配り。

美保関支所・美保関観光協会・松江市国際課など以前配ったとこから、始める。今回のアクシデントに皆さん「たいへんだったねー」という言葉に、ひょっとしたら、同情票に一票(ご支援)かも。と余計な邪気が入る。

そういえば行くのを忘れていた、しまね産業振興財団。

私が20年前起業したときに自宅(集合住宅)を事務所にしてました。

お客様が来ると、妻が赤ん坊を抱いて外で待機。そしておむつのにおいがこもる部屋に案内。その時はまだよかった。次男が生まれるともう二人を抱えては無理。そんな時にその財団のインキュベーションルーム(一部屋、格安月1万)募集を知ったのです。

入居資格を得るためのプレゼンは、内容よりも切羽詰まった気迫が功を奏し、なんとか入居合格。

あの時の嬉しさは忘れません。

そして、昨年この財団の「地域プロデューサー養成講座」が目にとまり、毎月一回年6回に参加させていただきました。

とても今回のプロジェクトに参考になるいい養成講座でした。

また参加された方も資質の高いメンバーに恵まれ刺激になりました。

特に地域協力隊の方の参加者も多くそのパワーはまたいつか話題にしたいですね。

そしてあの時の成果が今回のクラファンになります。

さあ、どんな結果になるか。財団の皆さん、その養成講座の受講生の一人がどういった結末を迎えるか。ご注目ください。

faavoクラファンページへ

片江のこうじさん来る。私はこうじさんが目標です。

この方、片江のこうじさん。

私がこの片江に住んでいるときから一番お世話になった方です。

今日は、かたゑ庵の前の竹ドームを固定する方法を教えに来てくださいました。

昨日も、その固定の仕方を教えていただいたのですが、その方法は、竹ドームを

撤去や移動した後に、だれかが足を引っかけ危ないので別な方法を知らせに来てくださったのです。

いつもこうです。

ひょっこり現れては、私が気づかぬことを教えてくださいます。

私たち家族がここの片江に来たときは、周りは見ず知らずの方。

この漁村の方々とどのように接していけばいいか、まったく情報がなく、

うまくやっていけるかどうか、こんな私でも心配はありました。

そこにこうじさんが現れました。

それからです。

ここでの生活の「傾向と対策」がわかりました。

これは今でも思い出しますが、もしこうじさんがいなかったら

ここでの生活がずいぶん違っていただろうと思います。

いつか、ここに住みたいという人が現れたら、今度は私がこうじさんの役を引き受けたい。

これは、かたゑ庵がスタートした後のプロジェクトになります。

まずは、目の前の課題が先ですね。

かたゑ庵クラファン

今日で10日、かたゑ庵プロジェクトアクセスPVは、1000を超えました。

今日のお昼でクラファンスタートしてちょうど10日になりました。

管理画面のアクセス解析では、PVが1011になっています。

ネット上の、あるページでは、「ブログで、月間1,000PVを達成しているのは3割程度」と書いてありましたが、もしこれが本当なら、10日で1000PVなので、いい滑り出しではないでしょうか。

私がSNSをやってませんので、支援者の皆さんが拡散していただいたおかげだと感謝しています。

私の使命は、オフラインでの地道な手作業で汗をかくことです。

明日からは、連休明けですので、私は手配りで「かたゑ庵プロジェクトのクラウドファンディング」のチラシを配ります。

A5カラー片面7000枚作りました。

チラシにはQRコードを入れ、Faavoのかたゑ庵プロジェクトへリンクさせています。

一度チラシは作りましたが、QRコードのポイント先が間違っていましたので、改めて作り直したものです。

再印刷は、faavo広島からのお気遣いで、それを喜んで受けさせていただいたものです。

このチラシ、連休前に配りました事業所や個人へ改めて配ります。

プロジェクトの残りは50日あります。

初っ端のアクシデントは、これから挽回できます。きっと。

頑張りましょう!!

faavoクラファン

かたゑ庵プロジェクト

 

faavoクラファンページへ

 

 

東京からかたゑ庵手伝いに、松江に来たついでに。

今日は、昨日天井を落とした骨組みに着いた釘を抜いて、大工さんの余計な手間を少しでも省くことやりました。

今後天井は大工さんにより防火用のボードが貼られ、かたゑ庵はより安全なゲストハウスになることになります。

天井落としは、残りあと2部屋となりました。

 

東京の金融機関に勤めているしんやさん。

松江に来たついでにかたゑ庵へ。

 

何か手伝うことはないかと。時間は限られてたのだけど。

ちょうどよかった、実家の古いテレビをPCのモニターとして使おうと思ってたのだ。重くて一人では運べなかったのです。

早速、一緒に実家まで行って、乗せて帰ってきたとこです。

今日は、快晴。海の色も鮮やかなブルー。

しんやさん、お世話になりました。

 

faavoクラファンページへ

 

 

 

 

 

 

 

かたゑ庵の屋根裏に不審者生活跡、アレを模倣か、いやそれはあり得ない

確かに、その音を聞いたような気がする。

かなり空き家になっていた時期が多いいことから、スキを狙われたのだろう。

今、天井裏落としをする中で、今までは確認できなかった場所に光が入った。

ここで不審者は、かなり裕福に生活していたことは確かだ。

そして栄養もそれなりに得られていたことは、証拠のブツでわかる。

鑑定にだすまでもない。

その証拠のブツは、おびただしい量で残っていた。

寒さをしのぐのも屋根裏のグラスウールを巧みに使った、ベッドルーム。

家主の承諾もなく、大胆な行動。

そして体一つ分開けられた穴を見つけた。

そしてその場所を念入りにふさいだ。

もうこれで、来ることはないだろうと思うが、

また穴を開けてはいる、またふさぐ、また穴をあける、またふさぐ、また・・・・。

これを繰り返せばイタチごっこになるじゃないか。

UG

今朝は、先日天井落としで、その指導と手伝っていただきました地元のなまさんがお忙しい中、また来ていただきました。廊下の天井は種類が違うので落とし方を習いました。

今日、いとこのカツトシ君も連続で参加。

3時過ぎには、地元のショウイチさんが来てくれました。このショウイチさんが電機工事の資格を持ってることがわかり、早速配線処理をお願いしました。

ほんとうに助かりました。

そのあとは、天井落としの残骸を袋詰めまで。お疲れ様でした。

私とカツトシ君で、なんとか今日中に廊下の天井落としを完了しました。

faavoクラファンページへ

 

 

 

かたゑ庵改装下準備、4部屋天井落とし完了!!

今日はいとこのカツトシ君が応援にきてくれました。

結構要領がよくなってきた関係か、4部屋の天井落としが本日完了しました。

先日は、防塵眼鏡を買うのを忘れていたので、本日はそれも用意。

やはり仕事もはかどりました。

これは本職の大工さんが来てもらうまでの下準備です。

できるだけ自前でやれることはやる。

コストを抑えることもありますが、かたゑ庵に対する愛情もより深くなるのでは、と自分に言い聞かせています。はい。

明日は、廊下の天井落としです。

 

faavoクラファンページへ